つり船伊勝丸
ご予約・お問い合わせはこちらへ

船釣り初体験!

初めての方へ
船釣り特集

伊勝丸は沼津市江の浦港より出船しています。
特徴はアットホームな雰囲気で釣りが楽しめること。
船長のコンセプトは
「みんなでワイワ楽しく釣りをして、素敵な
思い出を作ろう!」です。
船上での雰囲気作りはもちろん、ご家族連れや、
グループで気軽に船釣りを楽しんでいただけるよう
少人数で貸しきれるつり船です。


 また拠点となる沼津湾は、ターゲットも豊富で、港近くで手軽に釣れる魚から、
 遠出して楽しむエキサイティングな釣りまで様々なニーズにお応えできます。
 船の釣りは敷居が高いイメージがあるようですが、一度乗船していただけると
 わかっていただけると思います。
 自分で釣った魚を家族にお土産を持って帰り美味しく食べる!家に帰ってから
 の楽しみもあるでしょう!


一つスッテ ムギイカ カワハギ オニカサゴ
タチウオ アマダイ
アマダイ

タチウオ

こんな相手です 歯が鋭くちょっと手が触れただけでもざっくり切れてしまう。
体は銀白の粉に覆われて、なんともきれいな魚。
強烈なサーベルダンスの引き味と、抜群の食味を持つ、昨日
つれていても当日音沙汰の無いことが多いことからおばけとも
呼ばれている。
釣期・釣り場 周年狙えるが、晩秋から月にかけての冬が一番の旬、その年の
状況にかなりよるところがある。
江の浦港から5~40分
淡島~静浦沖~桃郷~我入道~沼津港沖~千本~原~富士川
浅くて30m、深くて80mとその日の状況による
タックル 大まかに分けると、餌釣りとルアー釣りがある。

餌釣り
・水深計付き中型量軸リール
・ラインはPEの4号を200mほど巻く
・水中ライトはつけたりつけなかったりは人それぞれだが
 伊勝丸ではテンビンの道糸側につけることをおすすめ
・ハリスは10号、全長3m 中間に三又サルカン、80cmほどの
 枝バリを出す
・ハリはタチウオ用大を、チモトに保護用の蛍光パイプを付ける
・エサはサバやサンマの切り身で、上部に皮の方から
 チョン掛けする
 食いが悪いときなどは、エサと一緒にタコベイトを
 付けてみてもよい

ジギング
・腰のしっかりした竿がベスト
・中小型両軸リール
・ラインはPEの1号を200mほど巻く
・リーダーは不可欠でナイロン6~8号を1.5m前後直結して結ぶ
・付けなくてもいいがワイヤーを15cm前後直結で結ぶ
・前後にハリが付いたジグを付ける
釣り方 エサの場合は上がっていくエサに、ジギングの場合は沈む途中で
かかることが多い
なのでエサの場合は下から上へ、ジギングの場合は落とし込みを
意識しよう
船長が指示したタナを取ったら、エサはなじんでから、ジグは
すぐにシャクリを入れよう。
シャクリは頭上まで大きく竿をあおる様にし少しずつ巻いてゆく。
ハリスが絡まない程度の速さがベスト
取り込み方 一度ハリ掛かりすればパワフルな抵抗を見せ、竿を大きくへし
曲げたりするかと思いきやフッと軽くなったりと攻防が始まる
無理に巻きすぎず、それでいてラインに緩みを与えないことが
肝心になる水面まで浮かせたら竿を立て、一気に船中に
抜き上げよう
最後に タチウオの歯は本当によく切れるので(船長も被害者です)
皆さん気をつけてください
お仲間紹介(外道) サバ……さばだばさばだば
サメ……引きはさすがですが
おいしく食べる ヒレは長いがうろこがない分扱いやすい魚
白身で料理にはいろいろなバリエーションが楽しめる
刺身・塩焼き・煮付け・照り焼き・フライ・ムニエル・みりん干
最新釣果
アクセス
お問い合わせ
リンク
フェイスブック