つり船伊勝丸
ご予約・お問い合わせはこちらへ

船釣り初体験!

初めての方へ
船釣り特集

伊勝丸は沼津市江の浦港より出船しています。
特徴はアットホームな雰囲気で釣りが楽しめること。
船長のコンセプトは
「みんなでワイワ楽しく釣りをして、素敵な
思い出を作ろう!」です。
船上での雰囲気作りはもちろん、ご家族連れや、
グループで気軽に船釣りを楽しんでいただけるよう
少人数で貸しきれるつり船です。


 また拠点となる沼津湾は、ターゲットも豊富で、港近くで手軽に釣れる魚から、
 遠出して楽しむエキサイティングな釣りまで様々なニーズにお応えできます。
 船の釣りは敷居が高いイメージがあるようですが、一度乗船していただけると
 わかっていただけると思います。
 自分で釣った魚を家族にお土産を持って帰り美味しく食べる!家に帰ってから
 の楽しみもあるでしょう!


一つスッテ ムギイカ カワハギ オニカサゴ
タチウオ アマダイ
アマダイ

オニカサゴ

こんな相手です カサゴよりも大型で、目玉がゴールドに輝いているいかにも
鬼な形相
背びれとエラブタに毒針を持つ
浮き袋が無く海面までナイスファイトを見せてくれる
釣期・釣り場 沖釣りでは周年狙えるが、冬場がメイン
水深70~200mの深場の根まわり
タックル ・オモリ負荷80~100号前後の先調子の竿
 中大型の両軸・電動リール
 道糸はPE6~8号を300mほど巻く
・大型片天びん、オモリ100~120号
・ハリスは5~6号、全長1.5mの2本バリ
・枝スは天びんから50cmのところにサルカンを介して40cm出す
・ハリはハリ先が内側に曲がっているネムリ
 (ムツバリ)の16~18号
 エサはサバかサンマの切り身、イカの短冊など
 切り身の端5mm位に、皮側から針を刺し身の側に抜く
 タコベイトの併用もあり
 まっすぐ付けないと海中で回ってしまいオマツリの
 原因になってしまう
釣り方 根の周りなどにすみ、エサを見つけると一気に大きな口に
含みすぐにすみかの根回りに戻ってしまう
オモリが着底したらすぐに糸ふけを取り常に底を確かめながら
サオをゆっくりとシャクる
オニカサゴの目の前にエサを送り込み誘う
取り込み方 アタリは竿先にブルブルッとはっきり出るが合わせはかなり難しい
一般に“ヒラメ40”(アタリが来てから40秒待つ)といわれるが
待ちすぎても根掛りするだけ
サオ先が絞り込まれたときに大合わせすればハリ掛りするだろう
最後に 背ビレとエラブタに数本の毒針があるのでペンチなどで
アゴをはさみ慎重にはずそう
刺されると一日中苦しむことになる
毒針をはずしていけば料理するときも安心できる
お仲間紹介(外道) アラ………超超幻の魚!! ぜひ堪能してください
水フグ……ただ重いだけ、厄介な外道です
サバ………冬のサバは脂がのっておいしいです
おいしく食べる プリプリの白身を堪能できるはず
やはり煮付けや唐揚げ、なべ、味噌汁など
最新釣果
アクセス
お問い合わせ
リンク
フェイスブック